☆★☆宮古島旅行記 2017☆★☆


掲示板に足跡残していただけると嬉しいです。
アクセスキーには "parfait" と入力してください。



年に2回も行けることになるとは・・・。
いつからの出発かは聞かされていたものの、
何時の飛行機に乗るだの、帰りの飛行機のことも、
ダンナから聞かされたのは出かける2日くらい前という
・・・そんな旅行の始まり。

10月4日 水曜日 晴れ

羽田発11:55〜宮古島着14:55 宮古島泊

電車とバスを乗り継いで羽田へ。
普段電車やバスに乗るときに
PASMOでピッと通過している私は、こういう時困る。
発車まであと数分と言う焦りもあり、
空港行きのバスに乗る切符がなかなか買えずに、
ダンナに笑われた。

何が問題だったか?というと、
お金の投入口がわからなかったこと^^;

宮古島に着いて、レンタカー受け取って、
ホテルチェックインしたら、もう夕方。

海に沈む夕陽を見ようと、
18時半にホテル内にあるBBQハウスを予約しようとしたら、
団体さんがいらっしゃるとかで
もう少し遅らせた方がゆっくりできると言われて19時にした。

明日は朝から行動できるようにと、
きょうは下見だけ、の島内ドライブ。

来間島、伊良部島、下地島を回り、
ダンナのシュノーケルポイントの確認。
シーズン中は業者も多く出入りするので
それも確認できた。

ホテルに戻るころには雲が多くなり、
どちらにしろ沈む夕陽は見られなかったかも。
19時でもまだ団体さんで賑やかだったが、
それから1時間もすると、食事をする人も減り、
席に着いた頃には聞こえなかった波の音が聞こえるようになった。
これで外の景色もわかれば最高なのにな、とダンナ。

量が多くて食べられないのでは?と心配したダンナをよそに、私は完食。
もっともBBQのメニュー以外に、
自由に食べられるコーナーでは、
サラダとデザートは頂いたが、
ご飯を抜いた私。

ダンナはどんなときにも元を取らなくちゃと言う頭が働くらしく、
食べ過ぎたあとでいつも苦しがる。
懲りないやつだ。

機内から宮古島


10月5日 木曜日 晴れ一時雨

まずは新城(あらぐすく)ビーチへ。
ここは前にも来たことがあるので勝手がわかっている。

ダンナと交代しながら、海へ。
ダンナはシュノーケリング、
私は足の立つところを行き来しながら箱眼鏡でお魚探し。

最初は箱眼鏡の上から写真を撮っていたが、
デジカメは防水なので、
箱眼鏡の下で撮ればいいのに、と言われて、
そうしたけれど、 水の中ではカシャという音が聞こえず、
撮れたかどうかがわからない。
(あとで確認してみたら、見切れているものが多かった。)

朝から晴れていた空が昼頃、
急に曇りだして雨が降ってきた。
しばらく様子を見ていたが、
どしゃぶりになってきたので車に引き上げた。
砂を落としている間に雨は上がったが、
ビーチを後にして、まいぱりへ。

ここでお昼。といっても、
ジュースやアイスが腹持ちいいので、
これを食べながら、園内も散策。
3週間ほど前に来た台風18号の被害を受け、
木々が倒れたり、花も実もほぼ全部飛んでしまったと聞いた。
が、回復力は想像以上で、
新しい葉が出て繁り、花も咲き、
かろうじて残っていた実が大きく成りだしたというから驚く。

夕方からは、ダンナのゴルフにつきあい、
隣にあるゴルフ場へ。

夕飯はホテル内にあるレストランで。


新城ビーチ


10月6日 金曜日 晴れ

朝食後、下地島に渡って、中の島ビーチへ。
下見で見た業者さんが出入りしていなかったのは
ラッキーと思ったのも束の間。
修学旅行で訪れていた生徒さんたちで占められていた。

その間を縫って一般の方々が
シュノーケリングしているようだ。
ここでもダンナと交代で海へ。

足元が砂地の新城と違い、
岩がゴロゴロしていて歩きにくいし、
急に深くなるのがコワくて、
腰より深いところには入れなかった。
それでも魚が見れて嬉しい。

ダンナは、こちらの方が水深があるので、
シュノーケリングには適しているという。
ダイビングの練習をしている
船の近くまで行って、潜っていたようだ。
お昼頃までをここで過ごし、またまいぱりへ。

夕方近くにまた新城へ行ったが、
波があり、前回ほどには楽しめなかった。
毎回ホテルのレストランで
ご飯を食べると食べ過ぎるというので、
夜は他の店で・・・私は宮古そばを食べた。

ホテルに戻り、シャワーを浴びすっきりした後は、
ホテルの中庭で開催の三線島唄ライブを見た。
(三線:川満七重さん、太鼓:まつどうとおるさん)


デッキで朝食


10月7日 土曜日 晴れ

午前中に、ホテル前のビーチ、前浜へ。
砂地で遠浅なので、安心して歩ける。
大きな浮き輪を借りて、
波に漂いながら、箱眼鏡で海中探索。

遊泳区画をロープで囲ってあるため、
沖に行きすぎても、
ここなら助けに行けるからとダンナに言われたが、
浮き輪があったって、あまり深いところはコワイ。

足のつかないところで、魚の群れに出会えたのは感激。
ロープに引っかかったところで、
ダンナが迎えにきてくれたり、
自力でロープを辿りながら戻ったりもしたが、
交代で海に入り楽しんだ。

ビーチの更衣室で着替えて、水着はさっと洗い、
更衣室に備え付けの脱水機にかけた。
荷造りをし、チェックアウト後は、
まいぱりに行ったり、
ホテル内にあるパークゴルフを楽しんだ。

18ホールあるのだが、暑いし、
お腹が空いて、近くのお店に食べに行ったりと
休憩もしながら夕方近くまで遊んだ。

宮古島発18:35〜那覇着19:25

那覇空港からホテルまではタクシーで移動。
タクシー車内から、打ち上げ花火を見た。
もしかしたら部屋からも見れるかもしれないぞ、とダンナ。
しかし、部屋に着いた頃には終わっていて、残念。

夕食は、ホテルで教えてもらった居酒屋さんへ。

那覇に寄らずに
一気に帰ってくる案もあったそうだが、
そうすると深夜過ぎの帰宅になるため、
那覇一泊にしてくれた。


パークゴルフ


10月8日 日曜日 晴れ

朝食後、チェックアウトし、
先に荷物を預けることにした。
最寄りの、モノレール駅で一日乗車券を買い、空港へ。

荷物を預けるカウンターに長蛇の列。
ギリギリに来なくてよかった。
1時間近くかかって、
無事荷物を預けた後は、身軽に行動。
モノレールで移動し、国際通りへ。

私が行きたかったやちむん通りへ。
やちむんとは焼き物のこと。
那覇市立壺屋焼物博物館を見学し、
通り沿いにあるお店を見て楽しんだ。

折り返して戻り、国際通りに戻ると、
イベントで賑わっていた。
大綱挽きのイベントの一つで、
私たちが見たのは旗頭行列だという。
(東京に住んでいた頃見た、
池上本門寺の御会式の万灯行列を思いだした。)

ダンナは首里城に行きたかったようだが、
前に行ったところだったし、
世間も三連休でどこ行っても混んでいるだろうから、
あっちもこっちも行くのは無理だ。
今回は私が行きたかったところにつきあってくれてありがとう。

那覇発14:20〜羽田着16:45

宮古島と関東との気温差で、
風邪を引くと困ると、
荷物の中に長袖パーカーを入れて行ったのだが、
それほど寒く感じずに帰ってこれてよかった。


那覇市内



10/21現在、写真は編集中。追って更新します。


アメーバブログにも写真を掲載しています。
虹色パフェ (遅い夏休み@〜B)
お時間ある方はこちらにもどうぞ。

◇ ◇ ◇