☆★☆晴れときどき日記☆★☆


掲示板に足跡残していただけると嬉しいです。
アクセスキーには "parfait" と入力してください。

 [2017/03/10-15 宮古島旅行記]




9月28日 木曜日 雨のち曇り一時雨

朝は県内にも一部の地域には
避難準備が出たほどの大雨が降った。
こちらは川より少し高いところにあるので、
大丈夫です。

涼しいうちにと、
蚊取り線香を焚きながら、
庭の草むしりをした。
雨上がりで、
抜きやすくなっていると思って作業を始めたが、
ガーデニング用の手袋はすぐに泥だらけになり、
かえって作業しづらかった。
それでも45Lのゴミ袋
をいっぱいになるまでは頑張った。

夕方になったら少しお昼寝をして、
深夜に備えねば。

9月27日 水曜日 曇りのち雨

出張に行っているダンナが
深夜に戻ってくるので
夕方お昼寝をしておいて、
起きているつもりでいた。

いつも飛行機に乗る前にメールをくれるので、
その内容かと確認したら・・・
今仕事が終わったので
これからご飯と言う内容だった。

あれ?きょう帰るのではないの?と返信すると、
出発前に日程が変更になり、
帰るのは明日になったという。
それならそうで、連絡をくれないと。
第一、昨日の時点で、
あともう一日だねと返信した際に
何も言ってくれなかった。

深夜に帰ってくるのなら、
一人分のご飯を炊いても
残ってもったいなと思っていたのだけど、
明日になると聞いて、明日の分も一緒でいいやと
米を炊いて食べた。

9月25日 月曜日 雨のち晴れ

術後の定期検査のため電車を乗り継いで病院へ。
大きな検査と診察は予約を入れてあるが、
その前に血液検査を済ませねばならない。
採血の受付は8時半からだが、
いつも混むので少し早く行ったつもりだった。

次の検査は前回と同じ9時15分だと思ったら、
9時だったので、間に合うだろうかとも思ったが、大丈夫だった。
検査室の方は空いていたのもあって、
予約時間前に呼ばれた。
朝ご飯を抜いてきているので、早く検査が終わると助かる。
診察の方の受付を済ませてから、
院内のコンビニで簡単朝ご飯。

診察は10時の予約だったので、
食後は診察の待合室でうとうとしながら、順番を待った。
混んでいるのか・・・
予約時間を大幅に過ぎ、
呼ばれたのは11時頃だった。

検査の結果は問題なし。
いつも大丈夫だろうと思って受けるけれど、
結果を聞くまでは安心できない。
心配してくれている家族にも報告をした。

きょうは給料日で銀行にも行きたいが、
いつも行く銀行に行くには
途中下車しなくてはいけないなあと思っていたのだけど、
病院からの最寄り駅近くに
同じ銀行があるのを行きがけに見つけたので、そこに寄ることに。
何年も通っているのに、
病院と反対の方向だったから気づかなかったのかな^^
最後の乗換駅の構内に行政コーナーがあり、
ダンナに頼まれていた書類を申し込み、
受け取ってから帰宅した。

9月24日 日曜日 曇りのち晴れ

昨日作ったおはぎと
きんぴらを持ってダンナの実家へ。

その前に朝7時から開いているスーパーへ寄って、
仏花を買い、お墓参りを先に。

実家に着いてからは少しのんびりし、
お昼近くなって買い物に出た。
私たちに限らず誰か人が来ると寿司を食べたがる。
おはぎは夜にでも食べてもらえばいい。

歩くのがしんどかったら、
私たちだけで買い出しに行こうと思っていたが、
たまには外の景色を見るだけでも、とダンナが言い、
お母さんを連れて出た。

お昼の分だけの買い物の予定が、
あれもこれも欲しくなるようで
たくさんになってしまった。
それでもひと頃の買いすぎからはよくなっている。

買ってきたものを冷蔵庫にしまい、
買ってきたものやあったもので、
お昼の支度をして一緒に食べた。
片づけをして、13時過ぎに実家を出た。

車に乗ると眠くなってしまう私、
帰りはうとうとしてしまって
箱根あたりから記憶がない。
おまけに何か寝言を言う自分にも気づいてしまった。
ダンナが噛んでいたガムを捨てるのに、
無意識に手が動いたときは、
寝ぼけなくていい、なんて言われてしまった。
いや、そのときは起きていたのだけども。
こんなに眠くて眠くて仕方なくなったのは久しぶりだ。

9月23日 土曜日 雨のち晴れ

明日ダンナの実家に行くことにしたので、
おはぎを持って行こうと、午後から小豆を茹でた。

年に1,2度しか作らないから、
米をどのくらい炊いたか忘れてしまう。
餡が余ったら、ダンナの和菓子を作ればいいし、
足りなかったらきな粉のおはぎを作ればいい。
いつも大きなおはぎになってしまうので、
小さめを心掛けた。
餡は余らず、きな粉のおはぎも少し作った。

それときんぴらごぼうも作った。
買い出しに行くとき、
キンピラを食べたいことをいつも言っていたが、
総菜コーナーで見つけることができなかったからだ。

9月21日 木曜日 晴れ

月に一度の定期通院で、近所の医院へ。

医院に行く道の途中には、
夏の間元気をいっぱいくれた向日葵畑があったが、
とうに更地に戻されたが、
募金箱を置いていたテントの下では、
栗の仕分け作業がされていた。

医院の駐車場には車が一台も停まっていなくて、
あれ?きょうは休診?と疑うほどだった。
中の待合室にはお一人待っているだけでがらんとしていた。
こんな日もあるんだね。

すでに呼ばれている人がすぐに出てこなかったので、
少し待ったくらいで済んだ。

気管支ぜんそくは、
胸の雑音はすっかり消えているようだが、
まだ咳が出ると続くことを話した。
吸入薬ではなく、アレルギーの薬に戻った。

それとこのところ気になっていることの相談。
朝方、足のふくらはぎを攣ることが多くなったこと。

数年前に、左足のふくらはぎを
立て続けに激しく攣って
肉離れに近い状態になり、歩けなくなった。
今回は、続けて攣ることはないが、
左だったり右だったり、が
このところ毎日のようにある。

こういった症状に効くと言う漢方の薬を出していただいた。
痛みが出なくなったら、
やめてもいいのだと説明も受けた。

帰り道、また栗のテントの前を通ったが、
仕分け作業はまだ終わっていなかった。
栗ご飯など、栗三昧をしたいところだが、
実はダンナは栗ご飯が好きじゃないことが判明したばかりだ。
それでも季節のものは味わいたいな。
きょうはタイミングが合わなかったけれど、
少ない量でいいから、買いたいなあ。

9月20日 水曜日 曇り

陶芸で出かけた。

前回、施釉したものが出来上がっていた。
狙っていなかった垂れ具合が気にいった。
夏休み中に捏ねておいた
赤土粘土を500gほど持って行ったのだが、
今回はそれでスプーンレスト作り。
箸置きやスプーンレストは
これまでにもたくさん作ってきたが、
何かのお礼にと、人に差し上げてしまって
在庫がなくなっている。

今朝思いついたデザインと、
作りながら浮かんだデザインとで、
持って行った粘土を使いきった。

片づけ終わっても、時間が残ったので、
今後作ってみたい作品の
アドバイスを先生にいただいた。

帰りに、あちこちで買い物をしていきたかったが、
ちょっと疲れたので、
一番必要な食料品スーパーだけ寄った。

9月18日 月曜日 晴れ

深夜に台風が通過中だったのか、
ものすごい風の音で何度も目が覚めた。
ダンナは遅くまで起きてて、
何度も窓を確認してくれたようだ。

夜中に目覚めた私に、
デッキに置いてあるものは大丈夫か?と聞くので、
椅子は横に倒しておいたし、
洗濯ハンガーなどを入れているBOXは
椅子で囲むように置いてある、と答えた。

物置が飛ぶんじゃないか、とか、
屋根が飛ぶんじゃないか、なんて話は続きながら、
いつの間にか眠りに落ちた。

ちなみに出張中の宮古島で
迎えた台風はもっとすごかったらしい。

朝起きたら、風はまだ残っていたけれど、
嘘みたいに晴れて青空。
しかも夏日が戻ってきて暑い。

きょうが月曜日ということをすっかり忘れていて、
プラのゴミ出しを忘れた。
ゴミ車のアナウンスで気づいたが、
時すでに遅し・・・ま、いいっか。

9月16日 土曜日 曇りのち雨

ダンナは午前1時頃、出張から戻った。
宮古島で台風を迎え、
こちらに戻ってきてから再会するのか、
とため息をついていた。

台風に備えて、最低限の買い物は
きのう日中に済ませてきたのだが、
ダンナのビールなど重いものは、
きょうの天気を見ながら、
車で買い出しに行ければいいなあと思っていた。

買い物は足りないものを少しだけ、のつもりが、
お好み焼きが食べたいとか肉も食べたいと要望が出て、
結局大荷物になってしまった。

いつものことながら、
買ってきたあれもこれも
(食卓に)出せ、というのが困る。
なくなればまた買いに行けばいいと簡単にいうが、
その調子でいると、食費ばかりが嵩んで困るよ。
陰の大蔵大臣である彼が
不意打ちでチェックをし、
食費をもっと削減しろ、なんて平気で言う。

家族の健康を考え、
バランスのよい食事を作り、
やりくりする主婦は大変なのです。
一か月でも買い物から献立作り、
毎日の食事作りを、
全部ひとりでやってみ?( * ^艸^)

9月15日 金曜日 晴れ

ダンナが出張の時くらい、
ゆっくり寝ていていいと思うのだが、
6時前に目が覚めてしまい、そのまま起きた。

7時前だったか、
キャスのトップ画面を見ていたら、
Jアラートだのミサイルの文字が目に入り、
何かあったのかと気になった。
TVをつけてみようとしたが、
こんな時に限って、リモコンが反応しない。

TV本体の電源がどこかわかなくて、
TVの取説を探すのに手間取り、
ようやく見つけて、TVをつけることができたのは、
7時をかなり回ってからだった。
どのチャンネルもミサイルの話題。
日本を通過して、太平洋に着水したという情報まで聞いて、
まずは被害がなくてよかったとほっとした。

明日からの三連休は台風が心配だし、
外の作業はきょうのうち。
気になっている庭の草むしりをし、
玄関脇のピラカンサの徒長枝を剪定。
腰丈まで伸びた雑草を抜き、
その中に隠れていた鉢物をまとめた。

ピラカンサの剪定は先月からダンナにお願いしていたが、
休日となると遊びが優先されてしまい、
引き伸ばされ続けていた。
が、いい加減、
お隣にご迷惑かけている枝が気になっていたので、
その枝を剪定した。
もっと下の方で切るには鋸が必要だが、
ダンナがどこにしまっているのかわからず、
花ばさみで切れる太さのところで断念。

ゴミ袋2つ半は、明日のゴミの日に出す。

玄関前に放置してあったネコ車も移動させ、
物置前にうつ伏せに置いた。
物置の中に片づけるのが一番いいのだが、
私の力ではムリだ。

久しぶりに、バスでクリーニング〜スーパーのコースを。
庭作業にしっかり2時間費やし、疲れたので、
お昼を軽く食べてから、いつも行くより2時間遅いバスで行ったら、
お店の人に、13時からですみません、と言われた。
意味がわからなかったので、尋ねたら、
営業時間が今月から、午後13時からの営業になったという。

午前中はお客さんが数人しか来ないので、
午前の営業をなくしたこと、と、
14時から16時までの節電のための休業時間をなくし、
13時からの営業で休業時間なしになったそうだ。

午前の庭仕事と、
久しぶりにクリーニング屋さんから駅前まで歩いての買い物で、
疲れたので、部屋の片づけはおやすみ。

気管支ぜんそくは、発作の咳の回数がかなり減り、
少しずつ快方に向かっている気がする。
よくなってきても、
吸入薬は続けるように、と言われているので、
ここで止めず、最後まで使いきらねば。
外を歩くとき、いつもなら速足になるのを
ゆっくりしたのもよかったのかもしれない。

9月14日 木曜日 晴れ

きのうに続き、部屋の片づけ3日目。

気管支ぜんそくも完治していないのに、
新たな埃を吸わないように
マスクをしているせいもあって、すぐに暑くなり汗だく。
午前中は2時間くらいの作業で中断した。

本来は山積みになっている書類の整理を中心に、と
始めた片づけだったが、どうせなら、
ここも・・・・と気になるところがいろいろ出てきて、
手が付けられなくなっている。

肝心の書類の整理はいつになったらできるのやら。

9月13日 水曜日 晴れ

部屋の片づけの2日目。

窓を開けたり、扇風機を回してても暑く、
数時間おきに水分補給しに行ったり、
涼しい部屋に避難したり・・・。

描きためたスケッチブックも整理。
お気に入りの何枚かを残し、シュレッダーにかけた。

絵日記みたいなもので、
裏にはどこに行ったとか、
感想なども書いてあるから、そのままは捨てられない。
懐かしい思い出もたくさんあったが、
お気に入り以外は処分することにした。
サインも入っているので、
スケッチブックから引き剥がし、シュレッダー。

地域のごみの分類に従って、
紙と金属部分とその他にわける作業も時間がかかった。
シュレッダーはパステルの汚れがつき、
全部の作業を終えた後、
きれいに拭き取るのもひと仕事だった。

思い切って処分したのは、お料理ノートも。
10代の頃から書き溜めたり、
切り抜きを集めたりしていたノートもかなりの数あった。
まめな時代もあったものだ。

食の好みは年々変わってくるし、
近頃はネットでも簡単に調べることができる。
一応は目を通し、興味のあるもの以外は、
こちらも分類仕分けしながら、シュレッダー。

出張中のダンナから、
台風18号が宮古島通過中との連絡。
宿泊先のホテルで待機しているようだが、
どうか被害なく無事に通り過ぎますように☆

9月12日 火曜日 雷雨ときどき曇り

重い腰を上げて、
物置化している2階の部屋の片づけを始めた。

9月10日 日曜日 晴れ

例年より一か月くらい遅いと思うのだが、
自宅の北側の窓から打ち上げ花火を見た。

今年はもう何度も、
どーんどーんと聞こえるたびに
窓にかけよっていたのだが、
ちゃんと見れたのはきょうが初めて。

いつも一体どこの花火が
どちらの方角で上がっているのかわからなかっただけに、嬉しい。
ちゃんと見れるこの花火も
実はどこの花火なのか・・・
ずっと住んでいるのにわからないのだけどね。

最初の頃は同じように窓から見ている人たちがいたのに、
もうみんな興味がなくなったのかな。
ダンナも数発を一緒に見ただけで、
TVの方に行ってしまった。

9月6日 水曜日

夏休み明け最初の陶芸。

8月後半から始まった
気管支ぜんそくがまだ治っていないので、
アトリエまでの坂道もゆっくりゆっくりと。

風邪の咳と違い、一度咳が出たら、
腹筋が痛くなるくらい続いてしまうからだ。

先生からメールをいただいていて、
素焼きができているというので、施釉作業。

これが終わったら、
余った時間をどうしようと思ったが、
2種類の釉薬に時間がかかって、余らなかった。
どんな仕上がりになるのかな。
楽しみだ。

久々に町に出たこともあり、
陶芸の帰り道、スーパーに寄って買い物も少し。


◇ ◇ ◇

[前月の日記を読む]