作品11

左:上から、右:下から
白っぽく見えるのは、光の加減です。


横から
高さ:7cm(高台込み)

(2004/06/04撮)

作陶期間:4月〜5月
6mm タタラ
土:黒土
下絵:白化粧
釉:3号透明釉、黒天目(内側のみ)

用途:小鉢

作品10を作って、残った粘土で小鉢を作りました。
黒い器は、冷奴など、白い食材が映えますよね。
これからの季節に活躍しそうな気がします。

発砲スチロールの型を使って、作りました。
足の部分は、教室に置いてある先生の作品の中から
気に入った部分があったので、教えていただきました。

足をくっつけた後、
ぐらぐらしなかったので、
安心していたけれど、
削る段階でひっくり返してみたら、
位置がちょっとずれていました・・・(--*ゞ

削りの作業まで終えて、
半乾きの状態で、白化粧を刷毛目模様につけました。
手回しろくろの上に、器を置いて、
片手でろくろを回しながら、一気につけるのですが、
一回勝負ですものね・・・どきどきして、手が震えました。
ひとつは足の部分にまでかかってしまいました。

釉薬は、全体的に透明釉をかけるつもりでいましたが、
器の内側だけ、黒天目をかけて、黒色を強調させました。



<< [index] >>

All Rights Reserved by Juli.