作品33



▲美味しそう?    ▼黄色のスポンジ部分(器)

(2006/01/11撮)

作陶期間:11月〜12月

土:信楽(細、白)
釉:乳白釉、透明釉

用途:ケーキ型小物入れ
(来客時のミルクやお砂糖、
またはキャンディーなどを入れるつもりです)

 
使用例

下の部分は、作品26(組皿)を作ったときに
残った粘土(白土に黄色い顔料を混ぜたもの)を活用しました。

タタラを、作品29を作ったときに使った型に被せて、
下の部分と蓋の部分を作りました。

削りのときに、まわりを整えてから、
蓋のつまみになる部分に、
ケーキらしく苺を乗せました。

苺の葉の部分は、
白土に緑色の顔料を混ぜたものです。
これも作品26を作ったときに
使って残った緑色の顔料に白い粘土を混ぜ、
緑色の粘土にしておいたものを活用しました。

蓋ものは、私にはどうも難しく、
なかなか思うようにできません。
アイデアが浮かばぬままの作業だったため、
クリームが垂れて見えるようにして、ごまかしました(笑)

施釉は、下の部分は、透明釉を、
蓋の部分は、より生クリームらしく見えるように、乳白釉を、
苺の部分は、キャンディアップルレッド色の下絵具を塗り、
透明釉をかけました。
葉の部分は撥水剤を塗って、
緑がそのまま出るよう工夫しました。



<< [index] >>

All Rights Reserved by Juli.