作品44

上から


高さ:約16.5cm
(2007/01/24撮)

作陶期間:12月〜1月

土:信楽(細、白)
釉:白マット
用途:花器

電動轆轤第5弾

今回は、お生花用の花器を作りました。
器の部分と高台部分とを別々に作り、
削って仕上げる段階で、
二つをくっつけてこの形になりました。

電動轆轤で大物を作るのは初めてだったので、
先生の手もずいぶんお借りしました。

白い器に仕上げたかったのですが、
のっぺりとした感じにならないよう、
外面に筋の模様をつけました。
内面には、水が張ってあるようなイメージにするため、
施釉後、青いガラスを敷きました。

青いガラスは当初ワインの瓶を予定していたのですが、
年末の大掃除の際、
小物要れとなっていた器を割ってしまって、
これも青かったので、
花器作りに再利用できるととっておいたものです。

小物要れと化していたこの器、
実はハカラメを育てるときに大活躍していたものです。

ガラスのかけらは、
もっと細かくないといけなかったようです。
かけらが大きかったがために、
気泡が入り、きれいに溶けなかったようです。
触れたときに指を切ったりしないよう、
表面をサンドペーパーで滑らかにしました。


<< [index] >>

All Rights Reserved by Juli.