作品82
  
重ね方いろいろ


上から


それぞれの形
(2010/07/08撮)

作陶期間:5月〜6月

土:黒土(細目)
釉:黒天目釉
用途:一輪挿し


組み立て次第で雰囲気の変わる一輪挿しを紐作りで成型しました。
洗面所かトイレなどの窓辺に置けるように、小さめです。

真っ黒の花器をイメージしていたので、黒天目釉に決めていましたが、
焼き締めにするのも面白いわよ、という先生の言葉に揺らぎ、
下の器は撥水剤を多めに塗りました。

黒天目釉などの濃い釉薬は垂れやすいそうで、
撥水剤を塗るのも立ち上がり多めに取ったほうがよいのだそうです。

艶のある真っ黒な釉と、焼き締めの部分とのコントラストが楽しめると思ったのに、
本焼きを終えて完成品はちょっと違いました。
真っ黒のつもりだったのに・・・なんだか濃い茶色という感じ。


<< [index] >>

All Rights Reserved by Juli.