作品143

(2017/03/25撮)


作陶期間:1月〜3月


土:信楽赤土、白化粧
上絵付:深緑
釉薬:ワラ白釉
用途:カップ


昨年に続いて、カップの研究。
2017年は、成型以外にも
絵付けに代わる手法も研究していきます。

これまでの紐作り成型ではなく、
タタラ7mmからの成型。

作り方は、作品84を参考にしました。
このときは釉薬の空ボトルを使いましたが、
カップにするには大きすぎるので、今回は茶筒を利用。

取っ手は、
いつもかっこよくできないので、
先生にアドバイスをいただきました。
削って滑らかにした後、
白化粧は素焼き前の作業。
刷毛塗りを2度した後、部分的に掻き落とし。

これまでの下絵の具を使っての、絵付けだと、
何度も重ね塗りをしないと色が出ないため、
細かい模様には不向きです。
掻き落としは、下書きができませんが、一度で済みます。
素焼き前の成型で、白化粧をし、針で模様をつけていきました。

素焼き後、上絵付けはしないつもりだったけれど、
少し色を乗せたくて、一部に色をつけ、
全体にワラ白釉をかけました。

内部はより白く出したくて、2度がけしたのですが、
釉薬が濃かったのか、弾けてしまったようです。


<< [index] >>


All Rights Reserved by Juli.