作品145





(2017/05/25撮)

作陶期間:2月〜5月


土:信楽赤土、白化粧
上絵付:薄ピンク、黄緑
釉薬:白マット釉、透明釉
用途:カップ


作品143,144と同じ手法で、
高さを少し低めにして成型。
白化粧はうまくかかったつもりでしたが、
素焼き後、浮いているのが目立ち、
剥がして、一部に上絵具で色を乗せました。

(剥がした方がいいというのは先生のアドバイスからでした)

カップ内部は、前回ワラ白釉を2度がけして弾けてしまったので、
今回は、白マット釉を筆で塗り、
その後全体的に透明釉をかけました。

本焼き後を見てみると、
白化粧を落としたところにも上絵具を塗ったのに、
色が乗っていませんでした。
土の色が濃いので出なかったのでしょうね。


<< [index] >>


All Rights Reserved by Juli.